ペルソナ育毛剤が効かないのはなぜ?考えられる原因を考察してみた


ペルソナ育毛剤は、これまでにない育毛剤として非常に注目を浴びています。薄毛に悩みこういった育毛剤など新発売のものに敏感な人はすでにご存じの方も多いかもしれません。

ペルソナの特徴は何といってもセミオーダースタイルという点です。事前に遺伝子検査を行い、その検査結果にあった育毛剤が27種類の中から選ばれ提供されるという非常に合理的な育毛剤です。

自分に合った成分が配合された育毛剤が使用できるということで、これまでの既製品の育毛剤よりもはるかに実感が得られやすい可能性が高く、自分の薄毛原因を知ることでよりピンポイントなケアができるのが注目されている理由ですね。

しかし、そんなペルソナ育毛剤でもまったく効果が実感できないという人も中にはいるようです。ここではその理由について考えられる要因を考察してみましょう。

 

ペルソナが効かない理由その1 「すでに毛根が死んでいる」

すでに薄毛がかなり進行していて、ツルツル状態でもううっすら産毛が生えているくらいの末期状態の人。こういった人にはいくらペルソナを使ってもたいした変化は期待できないでしょう。

ペルソナは医薬部外品ですし発毛を直接的に促すような医薬品ではないので、あくまで薄毛改善のために抜け毛を抑制したり血行を促進したり頭皮環境を整えたりする働きにすぎません。すでに毛根が死んでいるレベルの人には少し物足りないでしょう。

 

ペルソナが効かない理由その2 「使用期間が短すぎる」

ペルソナの育毛効果がないと言っている人のなかには、一カ月や二カ月しか使っていないのに「効果がなかった」と断言してしまっている人がいます。それはちょっと違うでしょう・・!

そういった人はハッキリいって即効性を求めすぎているといえます。そもそも育毛とは長期スパンで行うものであり、最低でも3~6カ月くらいは短期的に考えても視野を持って対策していく必要があります。医薬品でもそれくらいの期間は使ってみないとわからないわけですから、ペルソナもそれと同等かもしくはそれ以上の長期スパンを見据えて検証してみる必要がありますね。

 

ペルソナが効かない理由その3 「トータルでプラスよりマイナス要因が勝っている」

ペルソナは遺伝子検査をしたうえで自分の薄毛原因にあったものが使えるので、確実に育毛ケアとしてはプラス要因になっているのは間違いありません。にもかかわらずまったく効果がない、むしろ薄毛が進行しているという人は、今のプラス要因以上にマイナス要因が大きすぎる、もしくは多すぎることが原因の可能性が高いです。

マイナス要因には色々ありますが、代表的なものでいうと睡眠不足、悪い食事バランス、偏食、ストレスのため込みすぎ、タバコ、運動不足、遺伝などなど、一般的によく知られているような根本的要因です。

薄毛対策は足し算です。いくらプラスを与えてもマイナスのほうが大きければ総合的にマイナスになってしまいます。

 

まとめ

いかがでしょうか?以上のようなことが「ペルソナ育毛剤がまったく効果がない」と言っている人の原因としては考えられます。もちろんこれ以外にもいろいろ深堀すれば出てくるでしょうが、育毛剤のせいにするまえに自分自身に非がないかというのも少し考えるべきです。

ペルソナの肩を持つわけではありませんが、多くの人はおそらく育毛剤に頼りすぎて根本的な部分を見落としがちです。一度原点に立ち戻り、真摯な姿勢で育毛ケアに取り組みなおすのも現状を変える大きな一歩となるでしょう。

実際にペルソナ育毛剤を使って薄毛改善がみられる人もいるようです。こちらのサイトの管理人さんは頭頂部が薄くなっていますがペルソナを90日間使用してこれほど改善しています。やはり効果がある人も確実にいるのでこういったポジティブな意見にも目を通してみるとバイアスがかからなくなるのでどちらもバランスよく取り入れることが大切かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です