ペルソナ育毛剤が効かないのはなぜ?考えられる原因を考察してみた


ペルソナ育毛剤は、これまでにない育毛剤として非常に注目を浴びています。薄毛に悩みこういった育毛剤など新発売のものに敏感な人はすでにご存じの方も多いかもしれません。

ペルソナの特徴は何といってもセミオーダースタイルという点です。事前に遺伝子検査を行い、その検査結果にあった育毛剤が27種類の中から選ばれ提供されるという非常に合理的な育毛剤です。

自分に合った成分が配合された育毛剤が使用できるということで、これまでの既製品の育毛剤よりもはるかに実感が得られやすい可能性が高く、自分の薄毛原因を知ることでよりピンポイントなケアができるのが注目されている理由ですね。

しかし、そんなペルソナ育毛剤でもまったく効果が実感できないという人も中にはいるようです。ここではその理由について考えられる要因を考察してみましょう。

 

ペルソナが効かない理由その1 「すでに毛根が死んでいる」

すでに薄毛がかなり進行していて、ツルツル状態でもううっすら産毛が生えているくらいの末期状態の人。こういった人にはいくらペルソナを使ってもたいした変化は期待できないでしょう。

ペルソナは医薬部外品ですし発毛を直接的に促すような医薬品ではないので、あくまで薄毛改善のために抜け毛を抑制したり血行を促進したり頭皮環境を整えたりする働きにすぎません。すでに毛根が死んでいるレベルの人には少し物足りないでしょう。

 

ペルソナが効かない理由その2 「使用期間が短すぎる」

ペルソナの育毛効果がないと言っている人のなかには、一カ月や二カ月しか使っていないのに「効果がなかった」と断言してしまっている人がいます。それはちょっと違うでしょう・・!

そういった人はハッキリいって即効性を求めすぎているといえます。そもそも育毛とは長期スパンで行うものであり、最低でも3~6カ月くらいは短期的に考えても視野を持って対策していく必要があります。医薬品でもそれくらいの期間は使ってみないとわからないわけですから、ペルソナもそれと同等かもしくはそれ以上の長期スパンを見据えて検証してみる必要がありますね。

 

ペルソナが効かない理由その3 「トータルでプラスよりマイナス要因が勝っている」

ペルソナは遺伝子検査をしたうえで自分の薄毛原因にあったものが使えるので、確実に育毛ケアとしてはプラス要因になっているのは間違いありません。にもかかわらずまったく効果がない、むしろ薄毛が進行しているという人は、今のプラス要因以上にマイナス要因が大きすぎる、もしくは多すぎることが原因の可能性が高いです。

マイナス要因には色々ありますが、代表的なものでいうと睡眠不足、悪い食事バランス、偏食、ストレスのため込みすぎ、タバコ、運動不足、遺伝などなど、一般的によく知られているような根本的要因です。

薄毛対策は足し算です。いくらプラスを与えてもマイナスのほうが大きければ総合的にマイナスになってしまいます。

 

まとめ

いかがでしょうか?以上のようなことが「ペルソナ育毛剤がまったく効果がない」と言っている人の原因としては考えられます。もちろんこれ以外にもいろいろ深堀すれば出てくるでしょうが、育毛剤のせいにするまえに自分自身に非がないかというのも少し考えるべきです。

ペルソナの肩を持つわけではありませんが、多くの人はおそらく育毛剤に頼りすぎて根本的な部分を見落としがちです。一度原点に立ち戻り、真摯な姿勢で育毛ケアに取り組みなおすのも現状を変える大きな一歩となるでしょう。

実際にペルソナ育毛剤を使って薄毛改善がみられる人もいるようです。こちらのサイトの管理人さんは頭頂部が薄くなっていますがペルソナを90日間使用してこれほど改善しています。やはり効果がある人も確実にいるのでこういったポジティブな意見にも目を通してみるとバイアスがかからなくなるのでどちらもバランスよく取り入れることが大切かもしれませんね。

薄毛は男性だけじゃない!女性の薄毛原因とリアル体験談


最近では薄毛は男性の悩みではなく女性にも同じ悩みを持つ方が増えているといわれています。そこで同じ悩みを持つ方のために女性の薄毛・抜け毛についてある体験談をお話ししようと思います。

もともと髪が細く猫毛で本数が少なかったのでかなり悩んでいました。そこに、産後の抜け毛で一時は抜けた毛でお風呂の排水溝が詰まることが多々ありました。出産からしばらくたち産後抜け毛も落ち着いてきたところ、三十路過ぎからの薄毛で悩むことに・・・。

これはまずいと、いろいろ調べてみると最近20代の若い女性の薄毛が増えているそうです。「女性型脱毛症」と呼ばれ、頭髪が全体的に薄くなり地肌が透けてくるそうです。まさに私です。原因には加齢意外にいくつかの原因があげられます。まずはじめに「睡眠不足」。

ダメージを修復する時間が無くなってしまうそうです。「不適切なヘアケア」。カラーリング・パーマ・整髪料で毛根にダメージを与えてしまうそうです。私もカラーリングの際に頭皮がピリピリすることがあるので毛根には良くないのでしょう。そして「過度なダイエット・ストレス」。

最近の若い人の薄毛の原因で一番多い理由だと思います。絶食ダイエットなども一時期はやっていましたが、栄養が偏るとたんぱく質が行き届かなくなり抜け毛の原因になります。ストレスを感じると、頭皮が緊張で固くなるそうで、血行が悪くなりそれが抜け毛の原因になるそうです。

抜け毛でお悩みの方は、なるべく規則正しい生活を心がけ過度なダイエットは避けるのがフサフサヘアーへの近道だと思います。

これはリアルな知人の体験エピソードなので、同じ年代の女性の方はとくに共感できたり参考になるのではないでしょうか。ぜひ抜け毛や薄毛で悩まれている方は一人で抱え込まずに人に相談しながら対策を練って実践してみてください。

薄毛坊主の必需品!ヘアカッター選びの豆知識


薄毛の人が目立ってきたりそうでなくてもイメチェンで頭を丸めて全体的に短くする際に使うであろうヘアカッターもといバリカン。

このヘアカッター、既に持っている人なら知っているかもしれませんですが乾電池を入れての交換式と充電式の二種類が主流です。初めてヘアカッターを買う際に双方の特徴を先に知っておく必要があります。これからヘアカッターを検討している人はこれから紹介する事を頭に入れておくと良いでしょう。

乾電池式の場合

充電式は事前に充電しておかないと長時間の使用に耐えられないですが乾電池式は名前の通り乾電池を主電源としているので指定された乾電池を事前に用意してればすぐに使うことが出来ます。何ならダイソーやキャンドゥと言った100均のでも充分可能です。

もう頭を早く刈りたくてしょうがない時や急いでいる時は充電式よりも分があります。また値段も千数円で販売されている比較的手頃なのもありますので旅行先や予備機として持っておける手軽さが売りです。

充電式の場合

充電式は乾電池式に比べると長時間の使用をするためには指定された時間(約40分の使用で平均で8時間を目安にしている会社が殆どです。)が必要です。

けれど手軽な乾電池式も主電源の乾電池も無限ではなく電池が切れれば交換が必要で新しく書い直す必要があり刈っている途中で切れて交換しようにも交換の予備がないって時には中途半端な状態で過ごす羽目になります。

しかし充電池式は万が一充電が途中で切れても充電ケーブルを直に差しながら使う事が出来ますし(※ただしこのやり方はあくまで緊急でバッテリーにダメージを負う要因にもなるので多様は勧めません)長期的に見ても一々電池を買わないと行けない乾電池式よりは手頃なのは少ないが充電さえ出来れば壊れない限りは永続的に使える充電式ヘアカッターのがお得な面もあります。

同じヘアカッターでもこの様な特徴が見えます。どちらに魅力を感じるかはそれぞれですが購入を検討する際に頭に入れておいた方が良いでしょう。